プロに任せることで蜂の退治をスムーズに行なうことが可能になる

最近増えた外来種

ハクビシン

侵入防止策と追い出す方法

地方部だけでなく都心近くでも見かけることが多くなったハクビシンは、ジャコウネコ科に属する小型の外来生物です。ハクビシンは空き家や古民家に住み着いて繁殖している場合もあり、衛生面の問題や農作物への被害もあるので、早めの駆除や対策が大事になります。ハクビシン対策として大切なのが、家に侵入させないことで、床下や天井裏に入り込めないように隙間を塞ぎます。また、ハクビシンが嫌がる忌避剤を家の周りの散布することも効果が大きい方法です。このような対策をする前に家の中へ侵入された場合は、臭いや煙の出る薬剤を使って、外に追い出す必要があります。その際には、出入り口付近に薬剤を使用しても奥へ逃げてしまうので、全体に薬剤が充満させるのがコツです。

駆除するために必要なこと

ハクビシンは、かなり狭い所に入り込むので、1度住み着いてしまうと自力での対策だけでは追い出すのが困難になります。もし住み着いて繁殖しているような時は、専門の業者に依頼するのが確実に駆除できる方法です。ハクビシンは外来生物ですが、鳥獣保護法が適用されるので、駆除には自治体や保健所の許可が必要になります。また、捕獲には専用の罠を使うことになるのですが、狩猟免許という資格を持っていなければ動物を捕まえることはできません。このことから、実際にハクビシンを駆除するためには、狩猟免許を持っていて駆除申請をかわりに行ってくれる駆除業者に依頼する必要があります。よって、ハクビシン対策で大事なのは、家の中に侵入させないようにすることと、住み着いたら駆除業者に依頼することなのです。