プロに任せることで蜂の退治をスムーズに行なうことが可能になる

これからが本番

ハチ

自分で蜂を退治することもできますが安全を考えるとやはり業者に依頼した方が安全だと言えます。依頼する場合は自治体か専門業者がオススメです。一つ目の自治体に依頼するメリットとしては費用が安く一部負担で良い場合や自治体によっては無料で行ってくれる場合もあります。しかし、蜂の退治のサービスを行っている自治体はあまり多いとは言えません。中には退治のサービスは行わず業者をあっせんしてくれるだけの自治体もあります。しかし、どこの業者に依頼すればよいか悩んでいる場合にはそのサービスだけでも便利です。もう一つは専門業者に依頼する方法です。専門業者に依頼するメリットとしては、費用は少々割高ですが安全にかつ確実に蜂の退治を行ってくれるところです。特に獰猛な蜂の場合には専門業者に依頼した方が良いかもしれません。

自分で蜂を退治する場合の注意点はまず時間帯です。蜂は昼間に多く活動しており、夕方から夜にかけては活動が鈍くなるためその時間帯に退治するのがオススメです。服装は全身を覆う事が出来るもので尚且つ白色の服装が理想的です。しかし、なかなか理想的な服装がないのが現実です。そのような場合には専用の服装をレンタルしてくれる業者を探すことが必要です。殺虫剤は蜂専用のものがあればよいですがない場合は蜂用以外のものでも構いません。しかし、残量が少ないと蜂を十分に撃退できない場合があり危険なため残量が多くあるものを使用することが大切です。ある程度殺虫剤を散布してから、ほうきなどで巣を落としゴミ袋に入れてしっかり封をしてからゴミに出すようにしましょう。

最近増えた外来種

ハクビシン

外来生物であるハクビシンは、人間に様々な被害を及ぼす危険性があるので、早めの侵入防止策と追い出しなどの対策が必要です。また、もし家の中に住み着かれてしまったら、狩猟免許の資格を持っている専門業者に駆除してもらうことが大切になります。

More Detail

捕まえることが効果的

鼬

イタチはもともと日本ではさほど珍しい動物ではありません。最近では市街地などにも姿を見せるようになってきて、ごみを荒らしたり、家屋に侵入するなどのトラブルが発生しています。それゆえに捕獲するなどの対策を練る必要性があります。

More Detail

危険な蜂を駆除する

はちの巣

自宅にアシナガバチの巣ができてしまった場合、専門業者に駆除を依頼しましょう。まずは電話やインターネットで申し込みを行います。なかには二十四時間駆除の依頼を受け付けている場所もあります。専門業者に巣を駆除してもらうことによって安全に巣を撤去できます。

More Detail